2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

乗車規約
(ご覧になるにあたっての
お願い)


名刺印刷屋が送る駅弁

なごや乗換ナビ

リニア・鉄道館

みるくプレイヤー

滋賀とけい


  • 滋賀の会社設立屋が送る滋賀画像

ブログランキング

ユニクロカレンダー

名鉄関連カテゴリー
(過去・期間限定等)
※ポケモントレイン除く

無料ブログはココログ

« こういうのは絶対にやめましょう! | トップページ | チャンスは隔日で・・・ »

2008年11月 9日 (日)

フェニックスエンブレム復活記念

0811090104
(写真1:小田渕駅を通過する7001F)

今日は静態保存が決まった7001Fのフェニックスエンブレム復活記念列車が
本宿~伊奈間で運転されました。

今回は運転区間が短い事もあり、撮影場所が限られて、
しかも人が集中する可能性もあった為、朝早くに自宅を出ました。

撮影ポイントは小田渕駅下りホームの岐阜方で、
7時半過ぎに着いた時には2人ほど三脚をセッティングしていた状態で
上屋で待っていたところだったんですが、
直前にはホームや堤防・あぜ道などに40人ほどが
カメラを構えて待っていました。

11時47分になって、下りダラが接近している事もあり、
被る可能性もあるかもと現場の不安感もピークに達しましたが、
ポジションを若干変えて、無事に撮影する事が出来ました。

7001号車の先頭車はつい最近までのスタイルとは
似て非なるものに改修されていました。

フロントアイが撤去され、連結器も交換され、
ここまでデビュー当時のスタイルに復元された状態を
間近で見る事が出来て感動ものでした。

記念列車の撮影が終わり、次は伊奈駅での撮影会です。

本数が少ない本線東部だけに到着した伊奈ダラは
ラッシュ並みの混雑でした。

撮影会は豊橋方の引き上げ線でありましたが、
沿道や踏切は大勢の人で溢れて、撮影が大変でした。

0811090105_2
(写真2:7002号車に掲出された特製系統板)

0811090108
(写真3:側面の特製サボ)

0811090116
(写真4:7001号車に装着されたフェニックスエンブレム)

0811090117
(写真5:7001号車の先頭部分のアップ)

0811090123
(写真6:7001側から見た編成写真)

0811090127
(写真7:7002側から見た編成写真)

毎回、こういった機会を考えて下さる名鉄さんには、
本当に頭が下がります。

関係者の方々に心から御礼を申し上げます。

撮影、乗車で出撃された皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして最後に7001F、本当に長い間ご苦労様でした。

本ブログ発展の為、皆様のクリックをお待ちしております。(↓)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営・三セクへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« こういうのは絶対にやめましょう! | トップページ | チャンスは隔日で・・・ »

パノラマカー」カテゴリの記事

名古屋鉄道(名鉄)」カテゴリの記事

コメント

堀田行き急行さん、さっそくリンクを貼っていただき、
ありがとうございます。

よく見たら、確かにハンドルネームが間違っていますね。
僕も今さっき気が付きました。

でも、間違いは誰にでもありますので、
別に気にしなくても結構ですよ。

ありがとうございます!
さっそく追加させていただきました!

それと、昨日の自分のコメントで大変お恥ずかしながら
TORUOTAさまのお名前を間違えて入力してしまっていました..
すみませんでした。。

堀田行き急行さん、コメント頂きありがとうございます。

相互リンクの件ですが、迷惑だなんてとんでもありません!
喜んで歓迎します。

今後ともよろしくお願いします。

TURUOTAさん、はじめまして!
自分のブログへのトラックバック、ありがとうございました。
いつも拝見させていただいていまして、とても嬉しいです!!

ご迷惑でなければ相互リンクを結ばせていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/531783/25189125

この記事へのトラックバック一覧です: フェニックスエンブレム復活記念:

« こういうのは絶対にやめましょう! | トップページ | チャンスは隔日で・・・ »